2015年05月

2015年05月05日

パートアルバイトの雇用保険

パートアルバイトは雇用保険に加入しなければならないのか、お悩みの方もいるようです。また、雇用保険と社会保険を混同し、パートアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)には何の保険が必要になるのか、自分は何に加入すれば良いのか分からなくなる方も多いだと言われています。
 
雇用保険も社会保険も加入していれば安心に繋がるので、パートアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)で働いている方は、加入しておくといいですね。

パートアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)として働くには重要な保険になります。一定の条件が必要ですが、雇用保険も社会保険も、パートアルバイトとして働けなくなったときに失業手当を貰う事ができてただといわれています。ですから、パートアルバイトでも雇用保険に入っていて良かったと、その友達はいっていました。
 
雇用保険とは手軽に言えば失業保険とも呼ばれる保険で、パートアルバイトが職を失えば失業手当という一定の手当てもらうことができます。社会保険は簡単に言うと健康保険(現在のような国民皆保険の達成は、昭和36年でした)のことで、パートアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)が社会保険に加入すれば、診療所へ通院する場合になったときに会計窓口で支払う金額を抑える事ができるでしょう。


 パートアルバイトが社会保険へ加入しておけば、将来年金を受け取ることも可能なだと言えるはずです。ただ、パートアルバイトが雇用保険へ加入する為には、一定の条件を満たしている必要があります。まず、その企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)で1年以上パートアルバイトとして働いている自分が条件を満たしている事が分かったら、雇用主に保険に関して聞いてみると良いでしょう。そしてパートアルバイトとして働くことが条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)になるようです。
 
そして数ヶ月雇用とはいっても、契約更新規定があって長期間働く事が予測できるパートアルバイトは雇用保険に入れるのです。これに加えて、1週間に20時間以上パートアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)として働くと、雇用保険に入ることができるになりますよね。ですから、パートアルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)の保険が気になる人は、ネットで情報を得る事で見れねよいのでしょう。
http://shamporank.toshi-ie.com/


datumouk at 17:23|Permalinkバイト