2013年12月10日

ゲーセンのバイトの体験談

以前のゲームセンター(UFOキャッチャーでしか手に入らない景品もあるものです)と異なり、ちかごろのゲームセンターはアミューズメントパークとも呼ばれていて、小さな子供や女性でも気軽に入れる、明るい遊び場だと思います。そこでの仕事も、以前のように座っていて、向こうからやってくるお客さんに対応するだけでオッケーとはいきません。

まず、ゲーム機や灰皿の掃除は、営業時間中は常に行わなければならないのですが、大型店舗の場合は大変な作業量となります。対戦格闘ゲームでは、お客さんがボタンを強打する為に不具合が生じることもあり、その度に調整が必要です。会場を盛り上げるマイク実況や店内放送でゲームの紹介の仕事もあり、メダルゲームではメダルの補充の仕場合もあるのです。UFOキャッチャーのアーム調整だって、立派な仕事ですね。そんな、ゲーセンのバイトを体験した方の感想は、
 
・煙草の煙がスゴイから、煙草が嫌いな人には厳しいバイトかもしれない
・新台のゲームが入ったら、そのゲームを覚える為にいち早くプレイする事ができる
・ほとんどが立ちっぱなしの仕事なので、足腰の負担がスゴイ
・出来れば、治安のいい場所のゲーセンをオススメする
 
等と言ったものがあります。ゲーセンのバイトは、ゲームが好きな方でないと長くは続かない仕事とされているんですね。ただ、最新機種のゲームをすぐにプレイ出来ますし、中には営業時間終了後にフロアを開放してくれて、タダでゲームやり放題にしてくれる店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)もあるようです。ゲームが好きな方でしたら、趣味と実益を兼ねるバイトとなるのではないでしょうか。
 
http://bujinesenglish.anime-life.com/english/roseta

datumouk at 03:00│バイト