2013年12月06日

カラオケ屋のバイトの体験談

日頃、何気なく利用しているカラオケボックス。バイトの仕事内容って、部屋の掃除や料理や飲み物の提供ぐらいかな?

なんて思ってはいませんか。実は、カラオケボックス(1985年に誕生し、いまや一人用のものまであるそうです)には、他にもいろいろな仕事があるみたいです。目に見える仕事としては、フロントでの受付やカラオケルームへの案内、オーダーされた料理の調理や飲み物のサービス、お客さんが退室した後の片付けと掃除等ですね。

その他にも、リモコン操作が判らないお客さんには機器の取り扱いを説明したり、ルームモニターでチェックをしたり、時にはデュエットまで要求されたりする事もあり、仕事は多岐に渡ります。店舗(実際のお店を構えているとどうしても維持費が掛かりますが、ネットショップなどだと、コストが削減できる分、商品の価格が安かったりします)の外での呼び込みも、バイトの大切な仕事と言われています。
 
・平日の昼間はそうでもないけれど、週末は異常に忙しい。また、12月から1月に掛けても忙しくて休みが取れない。忙しさが曜日や時間帯で畭なる為大変。
・エレベータが使えないお店だと、オーダー品の提供は全て階段を使わなくてはならありませんので、足腰が筋肉痛になる。
・カラオケ機器が最新機種だと、お客さんに説明しなければならないので、リモコン操作を覚えるのが難しい。

以上のようなバイトの体験談が聞かれます。けれど、カラオケボックスでバイトをされる方はやっぱりカラオケが好きな若い方が多いため、ノリも良くすぐにみんなと友達になれるでしょう。お店が混雑している時は掃除や接客に忙しい仕事ですが、比較的空いている時間帯はみんなと楽しくお喋りも出来るバイトなのではないでしょうか。
 
こんぴら温泉

datumouk at 02:00│バイト