2013年11月30日

CADが生かせるバイトの体験談

「CAD」と言う言葉は耳にした事があっても、具体的に言うと一体どのようなもの?

と思っていらっしゃる方も多いのでは?CADとは、「Computer Aided Design」の略称で、設計者が作成した原図からパソコンとこのCADソフトを利用して図面を作成します。一般的に、「CADオペレーター(電話の応対をする人の?象によって、その企業へのイメージも変わったりするものですね)」といいますと、設計図から工業製品や部品、建造物の設計、デザイン図と言ったものを作成する技術者の事を指します。

最近では、全体的に製品のサイクルが短くなっている事もあり、CADオペレーター(機械などを操作したり、運転する人のことをいいます)の仕事は増加傾向にあるようです。また、募集されている業界も建設業に限ったことではなく、航空機、自動車、機械、家電、通信、服飾と、幅広い分野で必要とされています。実際に、CADを利用したアルバイトをしていた方の感想としては、
 
・CADのソフトにも種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)があって、業種によって利用してみるソフトが異なる場合があるので注意が必要
・CADオペレーターは、特にデスクにかじりついて仕事をしている時間が長いので、肩こりや腰痛、目の疲れが酷くなる
・現場では、手先の器用さよりも、細かなデータ入力をミスなく行う緻密さや速さの方が求められる
等があるでしょう。
 
やはり、図面を書く事が好きな方や、デスクワークが苦にならないような方に向いている仕事を言えるでしょう。CADは、専門職として技術を身につける事が出来る職種です。バイトでスキルを積んでおけば、比較的有利に就職活動に臨めると言えるのではないでしょうか。

datumouk at 14:12│バイト